創始者、桜沢如一が提唱した自然と調和する食事法「マクロビオティック」とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • Bookmark

マクロビオティックの意味

マクロビオティックは食育の祖と呼ばれる石塚左玄「食物養生法」の考え方と、東洋思想の陰陽を組み合わせた「玄米菜食」の食事法や食事療法を言います。

マクロビオティックは「マクロ=大きな、ビオ=生命の、ティクス=術、学」の合成語で、マクロビオティックの語源は古代ギリシア語「マクロビオス(Macrobios)」で「偉大な生命」「健康による長寿」という意味があります。

創始者は桜沢如一氏(1893~1966)。
欧州では「ジョージ・オーサワ」として知られます。

マクロビオティックの理論は1950年代に桜沢如一の弟子である久司道夫が体系化。
アメリカや欧州などを中心に普及していきました。

マクロビオティックの特徴

アメリカから逆輸入されたマクロビオティックスを「クシマクロビオティック」、桜沢如一が日本で提唱してきたマクロビオティックを「オーサワ式マクロビオティック」と呼び分けることもありますが、根本的な理論や考え方は同じです。

○玄米や穀物などを主食とする。
○野菜や豆類、海藻類、汁物を食べる。
○伝統的な日本の和食を重んじる。
○肉や魚、卵、乳製品などの動物性タンパク質を避ける。
○加工食品、遺伝子組み換え食品、食品添加物を使った食材は避ける。
○精製された白砂糖を使わず、てんさい糖や黒砂糖、メープルシロップなどで代用する。
○極端に陰性、陽性に偏った食材を食べない。
○陰陽のバランスが取れた「中庸」の食生活を送る。
○有機や無農薬栽培された食材を用いる。
○生野菜は避けて、基本的に加熱調理した物を食べる。
○なるべく国産の近場で旬の時期に収穫された食材を用いる(身土不二)。
○野菜は皮や根を捨てず、丸ごと食べる(一物全体)。

マクロビオティックに基づいた料理やお菓子を「マクロビオティック料理」「マクロビオティックスイーツ」と呼び、自然派の飲食店や専門店で体験できます。

以上の項目を全て実践する必要はありません。
体調や食生活を考えながら、自分にあった無理のないマクロビオティック生活を送ることが、心と身体の健康の為に大切です。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Facebookページはこちら

Twitterで
分かりやすいマクロビの始め方を

コメント

コメントを残す

ページの先頭へ戻る