マクロビオティックにおける食べ物の陰性・陽性の見分け方

  • Facebook
  • Twitter
  • Bookmark

食べ物の陰性・陽性の見分け方

マクロビオティックには陰陽の考え方が根底にあります。

陰陽とは「森羅万象に存在する性質」のこと。

陰性=収縮する求心的なエネルギー、陽性=収縮する求心的なエネルギーを意味します。

食べ物や人間は、陰陽の性質を両方とも持っています。
陰性と陽性、どちらかに傾いてしまうと、均衡を崩してしまうので、なるべくバランスを整えて「中庸」を保つことが大切です。

食べ物の陰陽の見分け方

食べ物の陰性・陽性は、栽培された地域や見た目、味、料理法などで見分けます。

自分の体質が陰性タイプの人は、なるべく陰性の食べ物や料理法を避けて、陽性よりの食生活を送ることで、体内のバランスが取れて「中庸」に近付きます。

動き

【陰性】
植物性
例:野菜、油、お茶

【陽性】
動物性
例:肉、魚、乳製品

環境・地域

【陰性】
寒冷地で良く育つ、栽培される。

【陽性】
温暖、熱帯地方で良く育つ、栽培される。

成長度合い

【陰性】
背が高く成長する。野菜の葉菜類。

【陽性】
背が低い。根菜類。

大きさ・形

【陰性】
(穀類や野菜などが)細長い。形が大きい。切り方が大きい。

【陽性】
(穀類や野菜などが)丸い。形が小さい。細かく刻まれている。

水分

【陰性】
水分が多い。

【陽性】
水分が少ない。

塩分

【陰性】
カリウムが多い。

【陽性】
ナトリウム(塩分)が多い。

【陰性】
甘みが強い、酸っぱい、辛い。えぐい。

【陽性】
苦い、塩辛い。渋い。

日干し

【陰性】
日に干さない。

【陽性】
日に長時間干す。

加熱・圧力

【陰性】
短期間で加熱。

【陽性】
長時間、加熱。圧力鍋などで圧力をかける。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Facebookページはこちら

Twitterで
分かりやすいマクロビの始め方を

コメント

コメントを残す

ページの先頭へ戻る