ダイエットにも役立つ!?マクロビの驚くべき4つの健康・美容効果

  • Facebook
  • Twitter
  • Bookmark

マクロビの健康・美容効果

マクロビオティックには「健康的な食生活」「美容にも効果あり!」というイメージがありますが、実際にマクロビオティックを実践して、どのような効果が身体に現れるのでしょうか。

マクロビオティックの健康・美容効果

  • 生活習慣病の予防
  • ダイエットに良い
  • 便秘が改善する
  • 肌が綺麗になる

生活習慣病の原因の一つに「動物性タンパク質と脂質、糖質の過剰摂取による、エネルギー過多」が挙げられます。

低エネルギーでビタミンやミネラルが豊富に含まれている、穀物や野菜、豆、海藻類を中心とした食生活を実践することで、生活習慣病の予防や改善に繋がります。

ダイエットに良い

玄米は精白米よりも栄養価が高く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれている為「玄米はおかずいらず」とも言われています。

GI値が低く、血糖値をゆっくりとあげるので、脂肪になりにくい食材として、ダイエット食としても良く食べられています。

玄米に含まれる「脂質代謝ビタミン」のビタミンB2の作用で、脂肪燃焼効果も期待できます。

また玄米食中心の食生活だと、良く噛むようになります。
良く噛むことで満腹中枢が刺激されて、適度な量で満足でき、食べ過ぎによる体重増加を防止できます。

ただし中には「マクロビオティックで太ったor体重が変わらない」という人もいます。
マクロビオティックの食生活を続けると「その人にとって最適な体重・体格になる」と言われます。

体重が変わらなかった人は「今の体重・体格でバランスが取れている(=中庸である)」という訳です。

便秘が改善する

マクロビオティックを実践して実感しやすいのが「便秘の改善」です。

玄米や野菜など食物繊維を多く含む食材を中心とした食生活では、自然にお通じが良くなります。

また玄米は固く、消化吸収率が悪いので、よく噛む習慣が身に付きます。

噛めば噛むほど消化酵素を含む唾液が多く分泌されて、消化吸収が良くなるだけではなく、腸の働きも活発になります。

あまり知られていませんが、便秘の原因には油不足もあります。
「マクロビオティックを始めて油を取らなくなったら、便秘になった」という人は、良質のオリーブオイルやごま油など植物性油を適度に使ってみて下さい。

肌が綺麗になる

肌荒れやニキビの原因の一つが「甘い物、脂っぽい物の摂り過ぎ」です。

糖質や脂質の代謝には、ビタミンB群を大量に消費します。
ビタミンB群が不足すると、皮脂の分泌や脂質の代謝がスムーズにできません。

マクロビオティックでは砂糖や油の使用を控えているので、肌荒れやニキビを防止できます。

玄米に多く含まれるビタミンEには、老化の原因になる過酸化脂質の生成を防止する作用もあります。

野菜を皮ごと、丸ごと食べるマクロビオティックでは、皮部分に豊富に含まれる栄養を残さず摂取できるので、肌状態をより良くキープしてくれます。

ただしマクロビオティックで注意したいのは、タンパク質不足です。
玄米と野菜中心だと、どうしてもタンパク質が足りず、顔色が悪くなったり、肌荒れが起きたりします。

動物性タンパク質を豊富に含む豆製品(高野豆腐、油揚げ、納豆など)や種子類(ピーナツやゴマ、アーモンドなど)を積極的に取るようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Facebookページはこちら

Twitterで
分かりやすいマクロビの始め方を

コメント

コメントを残す

ページの先頭へ戻る